心をこめて祝電を贈ろう

お祝いごとがあり、何か先方にしてあげたい。
そう思ったら、やはり送るのは祝電です。
地方にいて故郷の友人や家族などに会えない場合なども、この祝電で心をこめた
お祝いの気持ちを伝えられます。
そんな電報の送り方ですが、祝電となればお祝いの言葉を選ぶのは当然です。
お祝いですから、形にこだわらずに言葉を伝えるのも良いでしょう。
また、お祝いにもその用途がありますから、そのお祝いに合わせてた言葉をつづることも
大事です。
結婚に出産に入学や卒業、成人や結婚記念日に母の7日ななどなど、お祝いの言葉をつづる祝電を送る機会は多分にあります。
そして、今はインターネットで手軽に送ることもできます。
後は、心を込めた言葉を贈るだけです。

http://www.oregonkiteclub.com/ore/