何時でも欲しいときに商品を買えるのは物流保管をしっかりしてるから

私たちは何時でも欲しいときに欲しい商品を買うことができます。
これって実は相当すごいことなんですよね。
現在お店で売ってる商品のほとんどは、
どこかで作られてお店の店頭まで運ばれてくるわけですから。
お店で作っているものなんてのは実はほんの一部で
大半は製造メーカーの工場から送られてくるわけです。
いわゆる物流の流れに乗ってくるわけです。
この物流の流れはお店と同じ町内から
全世界中までとても大きなネットワークになっていて
どこからでも、どこへでも、大体の場所なら送れるようになっています。
一番身近なもので言えば郵便や宅配便がコレにあたります。
お店とメーカーの間には工場や卸業者というのが入っていて
お店に商品が切れてしまわないようにクッションの役目を果たしています。
これが保管というやつです。
もしお店で品切れになった場合。
メーカーから送ってもらうのですが、
工場から商品を作って送るとお店に着くまでに時間がかかります。
ここで、商品を保管している卸業者の出番です。
卸業者はあらかじめ商品をストックしておくのです。
お店はストックした商品が売れないと丸損になりますが
卸業者はたくさんのお店に卸しているので
売れないというリスクが発生しにくいから
商品を自分のところにある程度保管しておくことができます。
そうして、お店から注文があったときにすばやく送ることができるのです。
すばやく到着すればお店も店頭に売り切れている時間が少なくなるので
商品を売るチャンスを逃さなくてすみます。
このように何時でも欲しいときに商品を買えるためには
物流と保管がとても重要な役目を担っているんですね 。http://yamato-logi-mieruka.jp/service/outsourcing/

http://www.oregonkiteclub.com/ore/